2014年03月03日

吉方 3月は引越しの時期ですね!


3月はお引越しの時期ですね!

吉方を知っているのと知らないのでは
その後の人生の方向が大きく変わってしまいます。

でも、案外みんな知らない人が多いですね(~_~;)

こんな会話をよく聞きませんか?
日常に浸透している占いです。

「大吉だから結婚式はこの日がいいね」
「友引の日にお葬式はまずいでしょ」
「今日は先勝ちだから午前中に宝くじでも買うかな」

・・・などの会話が「九星気学・方位学」のアドバイスと知らず教訓にしている人はとても多いです。
つまり「占い」というより社会的常識となって世の中に広く浸透しているといえます。
「迷信だよ、あまり気にする必要ないんじゃない!」という人が大半だと思います。

この様に真価を誤解されている占いもまた珍しいのです。


一年に一度10月くらいに来年の運勢の本が出回ります。
本の中には良い方位と悪い方位と書かれています。
方位に良い、悪いがあるの?と疑問に思う人も多いでしょう。
なぜ良い、悪いがあり良い方位に行くと幸運を得られるのでしょう?

最近ではガンの様な難病の治療においても、西洋医学だけでなく東洋医学を併用させた治療が多く取り入れられています。

漢方治療を行なう際の基本は
「気」の異常
「血」の異常
「水」の異常
と3つに分けます

気血水のバランスを整えることで、その人の精神のストレス軽減、
身体症状の軽減をはかります。
肩こりはもみほぐすと気持ちいいように血の流れがスムーズになり身体が軽くなります。
病気を治すにはその停滞した部分の流れを良くしてあげると治療効果が大いにあがるのです。

気の滞りは脳卒中や動脈硬化など生活習慣病への促進をうながします。
病気という気の流れを改善してあげると良くなるのです。

動きの無い水たまりにはボウフラが湧き水も腐っていきます。
風通しの悪い、汚い場所には悪い病気や現象が頻繁に起こります。
同様に人の運命もすべての流れを良くしてあげることでまさに開運し幸福に導かれるのです。
運気が良い悪いはこのような現象から来ると考えれば難しいことではありません。
悪い気の停滞は流れを変えることで良い流れになり幸運につながっていきます。

気学では気は大自然に満ち満ちた目に見えないエネルギーであり、
宇宙の運行をつかさどりそれぞれの人々が生まれてきた年月日、
時間を中心にして占う知識とされます。
生まれた年月日の九星と地支(十二支)を基本とし、
年月の周期的に廻る九星と地支を比較対照して人の総体的な一切の運命を予測、
判断し悪い運命を避け幸運な運命を開く哲学なのです。

このような哲学を実践しないのは損なことだと思いませんか?

                          〜開運の方位学から一部引用〜


posted by 紫布 at 12:58| Comment(3) | おしらせ
この記事へのコメント
おはようございます‼︎
先日は鑑定ありがとうございました(^^)

姉との一年間振りの旅行…
「京都に行きたいね〜」と決めたのは場所だけ
だったので、折角なら吉方日に出発して帰って来たいと思い…
良い日をご提案して頂き
Posted by まっちょ at 2014年03月05日 07:30
続き…

今から旅行がとても楽しみです(≧∇≦)
お土産楽しみにしていて下さいね‼︎

2月は姉にとって辛い事があっので
京都で振り落としてきますっっっ。
お土産楽しみにしていて下さいね(^^)
Posted by まっちよ at 2014年03月05日 07:34
まっちょさんへ
よくこのブログが分かりましたね!
コメントありがとうございます。
京都旅行楽しんで来てください。
土地の物を沢山食べてきて下さいね。
Posted by at 2014年03月06日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: